FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

天狗の軍手

アニメとか漫画とかラノベとか色々と感想書いていきますん

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

『伝説シリーズのキャラクターイメージソング3』  





※使用している曲は動画内で明記しております。
※個人の印象と先入観による選曲です。

『戯言シリーズ』や『めだかボックス』『刀語』でよく見受けられる『西尾作品ボカロイメージソング』。
 伝説シリーズで作ってみました。

 三つ目です。





『魔法少女幸福論』――チーム『空々』。
 できることなら四国ゲームに関わったキャラを多く出したいな、との発想から。
『戯言』や『めだかボックス』のイメソンではキャラクターを扱えるものの、この『伝説シリーズ』にはキャラクターのビジュアルがないので表紙を意識したタイポグラフィに。
 もうちょっと派手にしてもよかったんですが、思い至ったのが投稿する二日ほど前だったので。
 この曲を使いたかったのでよかったです!

『ろりこんでよかった~』――チーム『白夜』。
 四国ゲームの運営側としての『白夜』。『白夜』のみんなが酸ヶ湯原作のことがお好きみたいですし、最新作の『悲亡伝』で『白夜』たちの『相手』が、酸ヶ湯原作説がなお濃厚になったので、これにしてよかったかなと。
 我ながらいい配当だったと思っています。

『チェックエンチェイス』――チーム『空々』vs.チーム『白夜』。
 お互い腹の探り合いみたいなバトルをしていたので、丁度いいかな、と。

『疑心暗鬼』――空々空vs.虎杖浜なのか。
 この二人の組み合わせが割と好きです。まさか最新刊でタッグを組むとは思わなかった。
『悲録伝』では険悪だったので、丁度いいかなって。

『Mrs.Pumpkinの滑稽な夢』――杵槻鋼矢。
 はい、来ましたよ。鋼矢さんならこんな感じの曲にしときゃいいだろってセレクト。
 声のイメージは、まさに鋼矢さんだったのでいいかなって。
 ちなみにこのときの、お借りした動画名に修正ミス。
 でもURLは正しいので。

『ドミノ倒シ』――手袋鵬喜。
 手袋ちゃんの空々に対する心情みたいなのに合うかなって。
 別に空々のことは嫌いじゃないけど、私の前で話題に出すな、みたいな。
 この歌ってみたの動画を使いたくて手袋ちゃんに当てはめたっていうのはある。
 かなりフィーリングで決めています。

『蜜月アン・ドゥ・トロワ』――血識零余子。
 魔法少女が続いたので、その魔法少女の原点としてキャルリスピニュールを。
 今思えば、タイポグラフィにしようと思い至ったきっかけはこれ。キャルリスピニュールって言葉が割と気に入っていて、画面に出したいなと思ったから。歌詞の途中にあるフランス語(たぶん)は、一切意味がわからなかったので、火星語ってことでいいやって。

『*ハロー、プラネット。』――『悲恋』
 魔人に続いて対になる立ち位置にいる『悲恋』を。
 この曲を教えてもらってから、『悲恋』のイメージソングで使うと決めていました。

『左右-みぎひだり-』――左在存、左右左危。
『悲恋』と同じく『娘』として在存ちゃんを。同じ歌い手の方で、声のトーンが違うものがあったので、一番と二番で分けてみました。一応歌詞的に近そうなほうに配当しました。

『ロリ誘拐』――牡蠣垣閂。
 室長繋がりで。
 まあ、『死ね、ロリコン』から。
 ちなみに歌い手さんは有言実行を果たしたぱにょです。

『ジエンド』――空々空、手袋鵬喜。
 ここまで何かしらの繋がりを考えて配置してきましたが、これは急遽捻じ込んだ。
『お医者さん』によって、大きく影響を受けた人を二人。

『愛 think so,』――空々空、剣藤犬个。
 やっぱり最後に持ってきたいこの二人。
 ピクシブに投稿されているイラストをついに使いました。このシリーズ一本目のときに、ピクシブにある伝説シリーズのキャラクターイラストを使って作ったのですが、お借りした方々に了承を得る度胸がなく、没に。
 なお、今回のも許可を取っているわけではないので、シルエットだけとは言え、お叱りを受ければ修正するつもりです。
 いいイラストですので、お手数ですが、動画の下に書かれているURL先に行ってみてください。

『Flowerwall』
『ゴーゴー幽霊船』の替え歌を聞いて以来、米津玄師さんの曲と『伝説シリーズ』を一冊ずつ当てはめてきました。
 歌詞が合っているとか、そういうのは完全に無視で、雰囲気で
 ちなみに『悲鳴伝』は『ゴーゴー幽霊船』。
『悲痛伝』は『MAD HEAD LOVE』。理由は『ゴーゴー幽霊船』の替え歌が投稿されてしばらくしたときに投稿されたのが、この曲で聞いた順番からこうなってしまっただけです。
『悲惨伝』は『ポッピンアパシー』。
『悲報伝』は『リビングデット・ユース』。
 それから『悲業伝』までえらく感覚があったので、『アイネクライネ』を飛ばして――『悲業伝』は『WOODEN DOLL』。
 そして『悲録伝』は『Flowerwall』。
『悲亡伝』は『アンビリーバーズ』。
 何と言うか、色々と感覚で決め過ぎている。




category: 西尾維新

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tag: 西尾維新  伝説シリーズ 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://rakud.blog130.fc2.com/tb.php/552-e43be8b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

カテゴリ

広告

ぷよぷよ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。