FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

天狗の軍手

アニメとか漫画とかラノベとか色々と感想書いていきますん

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

『がっこうぐらし! 第六話・第七話』感想 






 これがすべて夢で、朝起きたらいつもの学校だったら。
 そんなことをあたしは何度も考えてる。
 考えなかったことは、ない。

 



     ★     ★

 お手紙って凄い。
 ずっと昔のお手紙が今の人に届くなんて凄い。

 こんな話をみーくんとしたからかもしれません。
 丁度めぐねえの私物から便箋が出てきて、わたしはお手紙を書きたいと思いました。しかしながら、残念なことに学園生活部は学校から出るわけにはいきません。
 ですが、流石はりーさん。学校から直接出せばいいとの提案をしました。

 以前の肝試しで購買から持ってきた風船と、ヘリウムガス、そして胡桃ちゃんが捕まえてきた鳩錦鳩子――もとい、アルノー鳩錦はお手紙を届けるために、空を飛んでいきました。

 遥か遠くの、誰かの元にまで。

     ★     ★

 めぐねえの私物に紛れ込んでいた鍵は職員室にある金庫の鍵だった。
 鍵の中に仕舞われていたものは『職員用緊急避難マニュアル』と記された書類だった。私や美紀さんが探しても見つけられなかったものを、由紀ちゃんは見つけ出した。

 この学校はあらゆる設備が整い過ぎている。

 朽那川を利用した水力発電に、屋上の太陽電池パネルによる発電設備
 朽那川と地下水を汲み上げ浄水を行っている。
 もっと言ってしまえば、元々私が所属していた園芸部だって奇妙なものだ。収穫されたものは調理され生徒たちに振る舞われることもあれば、一部は郊外で販売している。更には備蓄倉庫に保管されている。
 もっと言ってしまえば、菜園が地面ではなく、地面から離れた屋上にあるのだっておかしな話だ。

 まるで……。
 まるで、何かが起きることを予期していたように




 ランダル・コーポレーション巡ヶ丘支社。
 生物兵器を秘密裏に開発して、どうやら今回の一件で漏れてしまったみたい。

 ランダル・コーポレーションが開発していたと思われる生物兵器は最低でも三つ。

『α系列』――広範囲感染型。
 広範囲に被害を与え、人的資源の束縛を生むことを重点的に考えられている。
 感染率は高い代わりに、致死率は引き下げられている。■■■■菌をベースとして、感染経路を強化されている。
 潜伏期間は三日から六日。症状は発熱、発汗、吐き気。感染経路は接触感染、飛沫感染、血液感染。
 致死率は低く、適切な治療を受けなかった場合、衰弱死の可能性がある。潜伏期を考慮し、十日程度の隔離期間を前提とする。

『β系列』――致死感染型。
 小規模の対象を排除することを考慮し、致死率を高め、被害を拡散しないように感染率が低くされている
 ■■■ウイルスをベースとし、抵抗力を増したもの。症状は嘔吐、下痢、吐血、出血。感染経路は血液感染。
 潜伏期間は二時間程度。致死率はほぼ百パーセント。血液中のウイルスは死後七時間程度で消滅する。

『Ω系列』――■■■■■。
 ■■■■■■■■■■、■■■■■■■■■■、■■■■■■■■■■界。ドメインレベルで■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■適応すべきではない。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■心肺停止。■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■、■■■■■■■■、■■■■■■■■■■■。■■■■■、
■■■■■■■、■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■、■
■■■■■■■■■■■、■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■。


     ■

 恐らくゾンビ化現象は『Ω系列』と見ても構わないと思うのですが、一つ懸念があります。
 それは感染者の発症速度が違う点です。コミックを読まれている方は存じていると思いますが、『噛まれたことで感染した』場合の発症速度は極めて早い

 ぱっと見、空気感染などはしないのではないかと思われます。
 が。
 風邪とも受け取れる症状を訴え数日経過後に発症した者もいます。その人物は噛まれていたような様子はなかったのですが、数日経過したのちに発症し、ゾンビ化してしまいました。

 感染には色々と経路がありまして、有名なところで言いますと空気感染です。
 空気感染は飛沫などが空気中で蒸発して拡散していきます。

 ゾンビは死体なので、呼気感染なんてしないと思いますが、唾液も汗も吐き散らしまくっている様子ですから、蒸発して拡散しかねない。だというのにも関わらず、学園生活部の者たちは感染していない。
 このことで二つ考えられることがあります。
 一つは『空気中では長く生きられない』。
 二つは『β系列のように死後消滅してしまっている』。

 ですが、二つ目の説は考えにくいかと。
 死後何時間であれ、ゾンビに噛まれると感染してしまうので、体内から消滅していないと思います。

 ならば、空気中では長く生きられないと考えるのが妥当なのではないかと思います。
 学校は幸い、窓ガラスが割れ散らばっていて、極めて通気性がいいので。

     ■

 あまり考えをしっかりまとめないで書いていくと、どうしてもとっ散らかってくる。
 経緯から説明しようとするとどうしても上手くいかない。

 ええっと、先述の『α系列』『β系列』『Ω系列』に関して考えていることがあります。
『職員用緊急避難マニュアル』に記載されている一文には、広範囲に増殖した場合は、紹介されている分類から違う形質を獲得する恐れもあり研究途中の製品が漏洩した場合は、この限りではない。

 仮定として『α系列』『β系列』『Ω系列』の三つが漏洩したとする。
『Ω系列』がゾンビ化に作用している兵器。
 現状、巡ヶ丘に拡散している『Ω系列』は二種類あるのではないかと思っています。

 変異、というか合併みたいなもので、『Ω系列α型』『Ω系列β型』みたいな風に広まってしまっていると。
Ω系列α』は『感染率が高く潜伏期間が長い』。
Ω系列β』は『感染率が低く潜伏期間が短い』。

 こんな風に考えられるのではないかなーとか。

 ……それにしても、何にしても噛まれないと感染しないというのは、狂犬病みたいですね。
 血液をあれだけ浴びていて感染しないって。

     ■

 ……これ、絶対五巻まで行かないわ。
 四巻で終わりな気がします。












category: がっこうぐらし

thread: がっこうぐらし! - janre: アニメ・コミック

tag: がっこうぐらし! 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://rakud.blog130.fc2.com/tb.php/539-18f212a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

カテゴリ

広告

ぷよぷよ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。